乾燥肌・敏感肌(スキンケア・化粧水・美容液・乳液・保湿クリーム)クー・インターナショナル株式会社

お知らせ東京2020大会予行による一般道・高速道路の通行制限のため、7月下旬~9月にかけて、関連地域での配送に遅れが出る可能性があります。予めご了承下さい。

ビューティコラム

ノバラ油について

投稿日:2015.04.01

『ノバラ油』はバラ科の落葉低木「カニナバラ」の果実から抽出した甘く上品な香りの天然の精油(エッセンシャルオイル)です。



数ある植物エキスの中でも最も保湿効果に優れており、肌のキメを整え乾燥から守ります

また、抗菌・消炎効果もあるため肌を清潔に保ちます。

ヒーリング、整肌効果があると言われており、またバラの香りによるリラックス効果も期待されます。

マヨラナエキスについて

投稿日:2015.03.31

マヨラナというと日本ではあまり馴染みのない名前かもしれませんが、

別名をマジョラム(スイートマージョラム)と呼ばれるシソ科の多年草です。

原産地はエジプトから地中海周辺です。

古代エジプトやギリシャでは広く薬草やハーブ、精油(アロマ)として使われていました。



その効能は、解毒作用、鎮静作用、食欲促進作用、催眠作用があるとされています。

特に、食欲促進効果があることでヨーロッパではマヨラナをスパイスとして使った

肉料理やソーセージ、チーズ料理なども有名です。

また、昔のイギリスでは、マヨラナの香りには、眠りを誘う作用があると考えられていて

枕の中に乾燥したマヨラナを詰めることが多かったそうです。



『マヨラナエキス』はの葉から抽出したエキスで、肌に潤いを与えみずみずしい肌を保ちバリア機能を高めます

また、肌のターンオーバーのリズムを整える効果があるので、

肌荒れ防止や肌のキメを整える働きがあります。

皮膚の表皮細胞に作用し、ヒアルロン酸産生を増強することで小じわの改善も期待されます。



マヨラナの花言葉は「常に幸福」です。

みなさんも、『マヨラナエキス』を使ったスキンケアを一度お試しになって、

常に幸福(マヨラナ)な肌を実感してみてはいかがでしょうか。

オリーブ葉エキスについて

投稿日:2015.03.26

以前エキストラバージンオイルについてお話したことがありますが、

今回はスキンケア商品に使われている『オリーブ葉エキス』についてまとめていきます。



オリーブ葉は、地中海沿岸の諸国で古来より食用や薬用に用いられてきました。

オリーブ葉エキスは文字通り、オリーブの葉から抽出したエキスです。



地中海沿岸の諸国ではオリーブの葉は抗炎症などの目的で

民間用として用いられてきましたが、

現在でもドイツでは高血圧、利尿目的の医薬品として使用されています。



日本では馴染みのないオリーブ葉エキスですが、

オリーブオイルに比べポリフェノールなどの植物栄養素が高く

健康素材としても注目されています。



オリーブ葉エキスの効果は、血糖値や血圧、コレステロールを下げるなどの

生活習慣病を予防する効果や免疫力アップ、感染症の予防などです。



また、オリーブ葉に含まれるポリフェノールの一種でテルペン類のオレウロペインには

強力な抗酸化効果コラーゲン生成補助などの様々な働きがあることが報告されています。

このオレウロペインの強力な抗酸化効果は、

エイジングケア、活性酸素抑制、抗炎症作用、抗菌作用、利尿作用などが見込まれており、

コラーゲンの合成を促進し、老化した肌に活力を与え、若々しい肌を維持します

ハトムギエキス(ヨクイニンエキス)について

投稿日:2015.03.24

イネ科の穀物「ハトムギ」は古くから親しまれている植物で

古くから美容と健康のために利用されています。

ハトムギの種皮を除いたものが「ヨクイニン」で

ハトムギの実から抽出されたエキスを『ハトムギエキス』「ヨクイニンエキス」などとよび、

現代でも漢方薬として多用されている生薬のひとつです。



イボ治療の成分としても知られていますが、

それだけ表皮の状態を整える効果が高く、

トラブルをおこしやすい肌をなめらかに保つ効果があります。

その他にも角質層の保湿力を高める作用があり、

乾燥を防ぎしっとりとした肌へとみちびきます。

また、江戸時代からニキビ治療薬として用いられていたように

炎症を抑える効果もありますので、ニキビの炎症や肌荒れに有効で、

すべすべとキメの整った健康な肌作りを手伝います。



ニキビ・肌荒れが気になる方はもちろん、

キメの乱れ・乾燥にも大いに役立てたい成分ですね。

オリザノールについて

投稿日:2015.03.20

『γ-オリザノール(ガンマ-オリザノール)』とは、米ぬかに特有の成分で、

コメ胚芽や米ぬかに多いポリフェノールの一種です。米ぬか、及び米胚芽油に含まれています。



コレステロールの吸収を抑える作用、更年期障害などの不定愁訴に効用があるとして医薬品として用いられていますし、

食品や化粧品などにも広く使われています。



「γ-オリザノール」は、酸化を抑制する抗酸化作用を持つ優れた成分です。

シワやたるみ、シミの沈着などの肌老化に影響を及ぼす活性酸素を除去する働きがあります。

肌を保護し健やかに保つ効果や紫外線を防ぐ効果もあり、メラニン生成を抑制するという報告もあります。



また、皮脂の分泌が少ないことによって起こるさまざまな乾燥性の肌トラブルを、

皮脂腺の機能を高めることによって改善する効果もありますので、

化粧品では、皮膚表面の血行をよくし、肌あれ・小じわ・にきびを防ぎ

美白やエイジングケアに効果がある成分です。

PAGE TOP

お電話でもご注文いただけます。電話番号0120-50-4959

酵母とは

待望の新シリーズ G.mature

無料お試しサンプルご希望の方

商品カタログ

衛生管理用品

クー・スキンリファイニング

WEB制作承ります

満足良品

酵素でいつまでも若々しく

Facebook

LINE

Instagram